神経内科とは、「神経系に何らかの問題があって生じる病気を専門に診る」診療科です。
 からだの中で「神経系」と称される部分には、脳、脊髄、末梢神経、筋肉などが含まれます。

 

神経内科で診る症状

頭痛、めまい、ふるえ、脱力、しびれ、などの症状が「神経症状」と呼ばれます。
これらの多彩な神経症状は、 からだの中の多岐に渡る神経系の障害により生じます。
神経系のどの部位に障害が存在するのかを正確に知ることは、
病気を治すのに非常に大切です。

 

神経内科で行う診療

神経内科の患者さんを診察する医師は、先ず患者さんの病歴を詳しく聴取し、
次に神経系についての詳細な診察を行い 、 さらに必要な検査を実施することにより、
病気を正確に診断して、適切な治療を施します。

 

神経内科の対象となる主な疾患

脳血管障害:脳出血後遺症、脳梗塞、脳血管性痴呆など

脳の変性疾患:パーキンソン病、アルツハイマー病など

脳の機能性疾患:片頭痛、筋緊張性頭痛、てんかんなど

脊髄の疾患:頚椎症による脊髄症状、神経根症状、運動ニューロン病など

末梢神経の疾患:多発性神経炎、糖尿病性神経障害、顔面神経麻痺、眼瞼けいれん症など

筋肉の疾患:多発性筋炎、筋無力症など

 

神経内科の治療

脳血管障害は、脳の動脈硬化が成因と考えられ、高血圧症、高脂血症、
  糖尿病などのいわゆる「生活習慣病」の 治療が必要になります。
  当院では、生活面でのアドバイスや、必要であれば、適切な薬物治療を
  行っていきます。 また、名古屋第二日赤病院、聖霊病院、名古屋記念病院などの
  基幹病院と病診連携を組んでいますので、患者さんは病状に応じて 、
  適切な治療を受けて頂くことが出来ます。

 

パーキンソン病は、脳の「黒質」と呼ばれる部分の神経細胞が減少することにより、
  からだの緊張症状が強くなり、 手や足にふるえが出現する病気です。
  ボクシングのムハメド・アリ選手が引退後に罹患し、
  アトランタオリンピックにおいて聖火点火の時に万人に勇姿を見せたことは
  記憶に鮮明ですが、 この病気はもっともよくみられる脳の変性疾患でもあります。
  高齢の方で、最近、からだの動きがかたい、 転倒しやすくなったという方がおみえでしたら、
  ご相談下さい。お薬をのむことにより、症状をやわらげることが出来ます。

 

末梢神経の障害が原因で生じる手や足のしびれなどの症状は、
  ビタミン剤による治療が有効です。
  また局所を温めるなどのリハビリテーション療法も効果的です。

 

4 頭痛でお悩みの方は、是非、ご相談下さい。筋肉の緊張が原因となる頭痛、
  脳の浅い部分の血管の伸縮が うまく働かないことにより生じる片頭痛など、
  頭痛にはいろいろな成因があり、治療法も多岐に渡ります。

 

ホームへ戻る